ガソリン密度チェッカー/品番 M634U-GCI 新製品情報株式会社シロ産業

ホーム > 測定機器 > ガソリン密度チェッカー/品番 M634U-GCI
最近のコメント
tadalafil without a doctor's prescription generic cialis from uk cialissy.com buy tadalafil pills NEW (TyroneGer) cialis without a doctors prescription tadalafil 5mg troche cialisonl.com cheap cialis NEW (TyroneGer) cialis online without prescription tadalafil 20mg cialisonl.com purchase cialis [url=NEW (TyroneGer) viagra without a doctor prescription viagra 50 mg prices at walmart rldta.com viagra without a doctor s prescription usa NEW (Douglasmoize) cialis without a doctors prescription generic cialis available cialissy.com buy cialis with no prescription NEW (TyroneGer) cialis without a doctors prescription cheap cialis online cialissi.com tadalafil generic 2018 [url=NEW (TyroneGer) viagra uk staxyn or viagra rldta.com viagra 50mg not working (URL) Viagra o... NEW (Douglasmoize) cialis without a doctors prescription in usa buy tadalafil no prescription cialissy.com cialis 20 mg cvs NEW (TyroneGer) cialis without doctor prescription cialis prices mexico cialissv.com tadalafil 5mg tab [url=NEW (TyroneGer) Cialis 5mg buy generic cialis online cialisonli.com cialis generico opinion [url=NEW (Douglasmoize)

ガソリン密度チェッカー/品番 M634U-GCI

ガソリン密度チェッカー/品番 M634U-GCIガソリン密度チェッカー/品番 M634U-GCI

レギュラーガソリン、ハイオクガソリンの密度チェック。

ガソリン密度チェッカー
品番 M634U-GCI
価格 \490,000-


■仕様
測定方式 拡散反射測定法
測定対象 レギュラーガソリン又はハイオクガソリン
表示 液晶デジタル
メモリNo,密度(又は15℃換算密度、油種)、液温
測定範囲 密度 0.680~0.780g/cm3
温度 0~50℃(表示範囲:0.00~99.9℃)
繰返性 密度 ±0.002g/cm3 ±1digit
温度 ±0.2℃
測定時間 約10~20秒
本体寸法 単3アルカリ乾電池4本 又はACアダプタ
本体重量 約270(縦)×41(高)×80(幅)mm
光ファイバープローブ 長さ約1m
動作温度範囲 0~40℃
セット内容 ●センサー本体●洗浄液●密度標準液●ブロワー
●専用ソフトウェアCD●取扱説明書●洗浄液(予備)

■機能
時計機能 内蔵
データ・メモリ 1000点:メモリNo.、測定日時
測定値(密度、15℃換算密度、判定油種、温度)
校正 大気校正、又は標準液
オートパワーオフ 設定 ON/OFF可
オートパワーオフ設定時、10分間キー操作が無い場合に自動電源OFF
温度補正機能 自動温度補正:0~40℃
電池寿命 12時間程度(電池残量低下時に警告後自動電源OFF)
オートホールド機能
油種判定 15℃換算密度が設定置以上の場合ハイオクガソリン
15℃換算密度が設定値未満の場合レギュラーガソリン
メニュー内で設定値変更可能(初期値0.740)
データ通信 USBインターフェース装備(ソフトウェア付属)
アナログ出力
(オプション)
密度(0~1.000V)
温度(0~100℃→0.00~1.00V)
※使用の際しては、事前に、密度標準液を測定し、その測定値が誤差の範囲であることを確認し使用戴く必要があります。
※その測定値が誤差範囲を超えている等の異常がある場合には、OSPが引取りをさせて戴き保守点検・校正作業等の必要な調整させて戴きます。
QRCODE